銀行印という印鑑

印鑑は日常生活において、あらゆる場面で登場し、印鑑文化とも言われるほど、日本人にとって印鑑は重要な位置を占めているのです。印鑑の種類としては、郵便物の受け取りなどに使用する認印、重要な契約書類に必要な実印、そして銀行での取引で欠かせない銀行印があります。このサイトではその銀行印を購入する際に知っておきたいポイントを紹介します。

銀行印を実印で兼用している人がいますが、これは絶対にしてはいけないことです。盗難など万が一の際に、取り消しや改印などの手続きが面倒なこともありますが、一番は偽造されると2つの印鑑を同時に悪用される恐れが出てくるのです。この偽造防止の意味から言うと、印影の書体も篆書体など複製しにくいものを選び、場合によっては苗字ではなく名前を彫ってもらうこともおすすめの手段です。

銀行印は、実印と比べよく利用するものです。したがって、耐久性のある素材を選ぶ必要が出てきます。具体的には、象牙や柘植、最近ではチタンや水晶などが人気の素材となっています。そして、保管方法にも気を付けましょう。印鑑はとてもデリケートなものです。埃をかぶって印影が薄くなったり、ぼやけたりすると照合できなくなります。また、引き出しの中にそのまま入れておくと、欠けや破損の原因ともなります。こうしたことを防ぐために、やはり専用のケースでの保管が好ましいと言えるのです。偽造されにくく耐久性があるものを適切に保管する、これが銀行印を購入する際におさえておくべきポイントなのです。