admin のすべての投稿

耐久性と保管場所

銀行印を購入する際のポイントとして、実印とは別にすること、そして偽造防止のために複製しにくい書体のものを選ぶことを挙げました。この2つのポイントを抑えることで、銀行口座はしっかりと守られていくことになりますが、もう1つポイントがあります。

銀行印は実印と比べ、その使用頻度は高くなります。つまり、偽造防止の役割とともに耐久性も重要な要素となってくるのです。使っているうちに、欠けたり破損するようなものは銀行印には向いていません。印影がくっきり出て、長く使える素材のものを選びましょう。象牙や柘植、白樺などが定番ですが、最近はチタンや水晶といったものも注目されています。

また、銀行印のサイズについてですが、書類の捺印の枠からはみ出さないサイズのものにしてください。また、実印と区別しやすいよう実印よりも小さめで、認印よりは大きいものがいいでしょう。13.5mmから15.0mmのものが枠内にきっちりと収まり、見た目もいいはずです。そして、意外と大切なのが保管ケースです。銀行印などの印鑑は小さいものです。不適切な保管をしていると、どこにいったか分からなくなってしまいます。また、埃や汚れが付くと、印影が不鮮明になり照合できなくなる恐れもあります。銀行印と保管ケースはセットで購入するのがいいでしょう。

外部リンク……いいはんこやどっとこむ®
銀行印や実印、印鑑ケースなどを購入できる通販サイトです。

印鑑は偽造防止が第一

印鑑は実印や認印、そして銀行印と用途に応じて別々に作る必要があります。では、その中でも銀行印はどのようなものを購入すればいいのでしょう。現在は、現金の出し入れは窓口ではなく、キャッシュコーナーなどのATMで行うことができます。しかし、ATMが普及する前は、窓口での扱いとなり銀行印が必要だったのです。

もちろん、現在も窓口での出し入れに関しては銀行印が必要となります。ただ、それは考え様によっては、銀行印と通帳があれば誰でもお金が引き出せるということになるのです。つまり、銀行印は銀行にとって本人であることを証明するものと言えるのです。このように、銀行印は銀行口座を守るためにとても重要なものですので、やはりしっかりとした銀行印を購入する必要があるのです。

銀行印は偽造防止のために、複製しにくい複雑な字体のものにしてください。書体としては「古印体」「篆書体」「吉相体」などがあり、特に「篆書体」や「吉相体」が複雑で可読性が低いため人気の書体となっています。また、そこに彫られるのは苗字でなければいけないと思われていますが、名前でも問題はありません。特に女性の場合、結婚などで苗字が変わることがありますし、苗字と比べると名前は種類が少ないので偽造防止にもなるので、意外とおすすめです。

印鑑は別々に作成する

日本人にとって、印鑑はあらゆる場面で必要となる身近で重要なものです。例えば、宅配を受け取る際の認印、また不動産売買などの契約時には実印を押さなくてはいけませんし、そして、銀行口座の開設には銀行印が欠かせません。印鑑は本人確認の意味あいが強く、特に銀行印が果たす役割は大きいのです。今回は、この銀行印を購入する際におさえておくべきポイントを紹介します。

実印と銀行印、そして認印を揃えようとすると、価格的にもそれなりの金額になってしまいます。そこで、実印と銀行印を兼用している人も少なからずいるようですが、それは危険ですので絶対にやめるべきです。やはり、実印と銀行印は分けて使用するのが好ましいと言えます。

実印と銀行印を同じものにしている場合、印鑑証明や銀行への登録など印鑑自体の印影がそれだけ出回ってしまうことになります。つまり、偽造される危険が高まってしまうのです。また、紛失したり盗難にあったりすると、金融機関への印鑑の登録変更を届け出ると同時に、実印としても廃止や改印をしなくてはいけません。このように、兼用することで万が一の際の手間が増え、危険も増すことになるのです。そのためにも、実印と銀行印は分けて作り、そして別々に登録することが大切なのです。

銀行印という印鑑

印鑑は日常生活において、あらゆる場面で登場し、印鑑文化とも言われるほど、日本人にとって印鑑は重要な位置を占めているのです。印鑑の種類としては、郵便物の受け取りなどに使用する認印、重要な契約書類に必要な実印、そして銀行での取引で欠かせない銀行印があります。このサイトではその銀行印を購入する際に知っておきたいポイントを紹介します。

銀行印を実印で兼用している人がいますが、これは絶対にしてはいけないことです。盗難など万が一の際に、取り消しや改印などの手続きが面倒なこともありますが、一番は偽造されると2つの印鑑を同時に悪用される恐れが出てくるのです。この偽造防止の意味から言うと、印影の書体も篆書体など複製しにくいものを選び、場合によっては苗字ではなく名前を彫ってもらうこともおすすめの手段です。

銀行印は、実印と比べよく利用するものです。したがって、耐久性のある素材を選ぶ必要が出てきます。具体的には、象牙や柘植、最近ではチタンや水晶などが人気の素材となっています。そして、保管方法にも気を付けましょう。印鑑はとてもデリケートなものです。埃をかぶって印影が薄くなったり、ぼやけたりすると照合できなくなります。また、引き出しの中にそのまま入れておくと、欠けや破損の原因ともなります。こうしたことを防ぐために、やはり専用のケースでの保管が好ましいと言えるのです。偽造されにくく耐久性があるものを適切に保管する、これが銀行印を購入する際におさえておくべきポイントなのです。