印鑑は偽造防止が第一

印鑑は実印や認印、そして銀行印と用途に応じて別々に作る必要があります。では、その中でも銀行印はどのようなものを購入すればいいのでしょう。現在は、現金の出し入れは窓口ではなく、キャッシュコーナーなどのATMで行うことができます。しかし、ATMが普及する前は、窓口での扱いとなり銀行印が必要だったのです。

もちろん、現在も窓口での出し入れに関しては銀行印が必要となります。ただ、それは考え様によっては、銀行印と通帳があれば誰でもお金が引き出せるということになるのです。つまり、銀行印は銀行にとって本人であることを証明するものと言えるのです。このように、銀行印は銀行口座を守るためにとても重要なものですので、やはりしっかりとした銀行印を購入する必要があるのです。

銀行印は偽造防止のために、複製しにくい複雑な字体のものにしてください。書体としては「古印体」「篆書体」「吉相体」などがあり、特に「篆書体」や「吉相体」が複雑で可読性が低いため人気の書体となっています。また、そこに彫られるのは苗字でなければいけないと思われていますが、名前でも問題はありません。特に女性の場合、結婚などで苗字が変わることがありますし、苗字と比べると名前は種類が少ないので偽造防止にもなるので、意外とおすすめです。