印鑑は別々に作成する

日本人にとって、印鑑はあらゆる場面で必要となる身近で重要なものです。例えば、宅配を受け取る際の認印、また不動産売買などの契約時には実印を押さなくてはいけませんし、そして、銀行口座の開設には銀行印が欠かせません。印鑑は本人確認の意味あいが強く、特に銀行印が果たす役割は大きいのです。今回は、この銀行印を購入する際におさえておくべきポイントを紹介します。

実印と銀行印、そして認印を揃えようとすると、価格的にもそれなりの金額になってしまいます。そこで、実印と銀行印を兼用している人も少なからずいるようですが、それは危険ですので絶対にやめるべきです。やはり、実印と銀行印は分けて使用するのが好ましいと言えます。

実印と銀行印を同じものにしている場合、印鑑証明や銀行への登録など印鑑自体の印影がそれだけ出回ってしまうことになります。つまり、偽造される危険が高まってしまうのです。また、紛失したり盗難にあったりすると、金融機関への印鑑の登録変更を届け出ると同時に、実印としても廃止や改印をしなくてはいけません。このように、兼用することで万が一の際の手間が増え、危険も増すことになるのです。そのためにも、実印と銀行印は分けて作り、そして別々に登録することが大切なのです。